数码兽数据库

DIGIMON DICTIONARY数码兽图鉴

胧魂兽 Oboromon

胧魂兽
日本語オボロモン
EnglishOboromon
简体中文胧魂兽
繁體中文朧魂獸
한국어오보로몬

基本资料

等级完全体
类型不死型
属性病毒
所属
适应领域
首次登场2022年7月29日 DiM卡-V3- 侦察兽&龙蛇兽
名字来源日语【朧(おぼろ)】朦胧;模糊不清

必杀技&得意技

千万之太刀Chiyorozu no Tachi千万ノ太刀ちよろずのたち
罗烧门Rashomon羅焼門らしょうもん[1]
幽玄Yugen幽玄ゆうげん[2]

设定资料

如幽灵般栖息在墓地的不死型数码兽,面对强敌也绝不退缩,战斗时不择手段的狂战士。对胜利有着异常的执着,被认为是因为大量吸收了败北的数码兽们的怨念数据。另一方面,几乎没有自我意识,没有战斗的时候就呆呆地在墓地徘徊,偶尔被目击到与融合在左臂上的兽之头盖骨奇怪地对话。头盖骨长出的刀很脆很容易折断,不过每次折断都会有新的长出来。
必杀技是刀施展的斩击「千万之太刀」、分离下半身的鬼火,用火焰大范围灼烧的「罗烧门」。另外,缠在脖子上的围巾(Scarf)「幽玄」除了能够自如地改变形状外,还能独立活动。缠住并捕获敌人、以整块布强力打击敌人等,真可谓是万用。

幽霊のごとく墓場に棲まうアンデッド型デジモンで、格上相手にも決して退かずに手段を選ばず戦う狂戦士。勝利への執着が異様に強いのは、敗北したデジモン達の怨念のデータを大量に取り込んだためだと考えられている。一方で自我はほとんどなく、戦っていない時は呆けたように墓地を徘徊しており、ときどき左腕に融合した獣の頭蓋骨と怪しげに会話する所が目撃されている。頭蓋骨から生えている刀は脆く折れやすいが、折れるたびに何度でも新たに生えてくる特性を持っている。
必殺技は刀からの斬撃『千万ノ太刀(ちよろずのたち)』、下半身の鬼火を分離させて広範囲を炎で灼く『羅焼門(らしょうもん)』。また、首に巻いたスカーフ『幽玄(ゆうげん)』は変幻自在に形を変えるほか、自立して動くことが可能だ。敵に巻き付き捕縛したり、布全体で敵を強く打ち付けるなど万能の役目を果たす。

注释 References

  1. 羅生門効果,罗生门效应。罗城门或罗生门本为日本京都罗城的城门,后用来借指人世与地狱之界门,事实与假象之别。通常指:事件当事人各执一词,分别按照对自己有利的方式进行表述证明或编织谎言,最终使得事实真相扑朔迷离,难以水落石出。罗生门效应的命名来源来自黑泽明在1950年执导的电影《罗生门》。这里「罗烧门」与「罗生门」日语读音相同。
  2. 幽玄,因着对生活于其间的自然风土,特别是对缤纷的色彩的感受与感动,日本人萌生出独具特色的美意识;这美意识,以「物哀」、「侘寂」、「幽玄」等等范畴为中核,表现于文艺、社会、生活、情爱以及民族精神诸方面。「幽玄」的核心是「余情」,讲究「境生象外」,意在言外,追求一种以「神似」的精约之美,引发欣赏对象的联想和想象,传达出丰富的思想感情内容。

相关链接:官网图鉴维基兽
本页最后更新时间:2022年7月31日 22:00

PageTop Menu